就職活動において、企業が開催しているインターンへ参加する際は採用担当者への印象は重要であり、その後の選考に大きな影響を与えます。

中でも身だしなみや服装は第1印象に大きな影響を与えるため、適当な服装で参加するのは避けるべきです。

そこで今回は、就活生がインターンへ参加する際にリュックサックで参加しても問題はないのかを踏まえ、バッグ選びで注意すべきポイントについて紹介します。

インターンでリュックの使用は問題ない?

企業のインターンへ参加する際には「スーツで参加」「私服OK」など、服装に関する指定はされたとしても「リュックサックNG」などバッグの指定をされることは少ないでしょう。

また、通勤中の会社員を見てもリュックで通勤をしている方は多いです。しかし、インターンへ参加する際にはできるだけリュックは避け、ビジネスバッグの使用をおすすめします。

ビジネスバッグが推奨される理由とは

インターンへの参加でビジネスバッグが推奨されることが多いですが、主な理由は以下のような点が挙げられます。

企業によっては敬遠されることもある

実際に働いている会社員がリュックを使用しているケースはありますが、全ての企業でリュックの使用を良しとしているとは限りません。むしろ中にはリュックの使用に対してネガティブな印象を持っている企業もあります。

リュックの使用に対してネガティブな印象を持っている企業は、主に以下のような考えを持っていることが多いでしょう。

  • 子供っぽい
  • 不真面目
  • ビジネスシーンには合っていない

特に就職活動中では、その企業がリュックの使用に対してどのような印象を持っているかが判断しづらいため、ビジネスバッグを使用する方が無難と言えます。

スーツにシワができる

リュックを背負っていると、スーツの背中の部分にシワができてしまう可能性があります。

たとえインターンと言えど、身だしなみが整っていなければ企業の採用担当者に悪い印象を与えてしまうと、その後の選考に支障が出かねません。

そのため、できるだけ身だしなみに影響が出ないビジネスバッグを使用する方が無難と言えるでしょう。

荷物が混雑してしまう

リュックは荷物を入れられるスペースが大きいですが、リュックの中で荷物を分類分けがしにくいことが多いです。

その点、ビジネスバッグはいくつか種類で分けられるように区切られていることが多く、機能性に優れているものがあります。

インターン時にも必要な荷物をすぐに取り出せるように、荷物を取り出しやすいビジネスバックの使用がおすすめです。

インターンにおすすめのビジネスバッグとは

インターンへの参加ではビジネスバッグがおすすめですが、どのようなバッグを選べばいいのか分からないという方もいるでしょう。

もしビジネスバッグ選びに迷う時は、以下のような点で選ぶことをおすすめします。

落ち着いた色や柄

インターンへの参加は就職活動におけるイベントだとしても、実際に企業内で就業を経験することが多いため、ビジネスシーンに適切な色選びが必要不可欠です。

ビジネスシーンでは基本的に黒やグレー、茶色などの落ちついた色や柄が使用されるため、派手な色や柄は避けましょう。

機能性が優れている

インターンへ参加する際にビジネスバッグを使用する利点として、機能性の高さが挙げられます。

ビジネスシーンでは、必要な荷物を取り出すのに時間がかかってしまうと「だらしのない」「頼りない」といった印象を与えかねません。

そのため、バッグ内で書類や筆記具など必要な物を整理でき、すぐに荷物を取り出せるような機能性の高いバッグ選びがおすすめです。

地面に置いた時に自立するもの

インターンへ参加して業務に臨んでいる時には、バッグを地面に置いていることが多いです。そんな時に荷物が何度も転倒をしてしまったり、横向きに置いていては印象が悪くなってしまいます。

特に幅が細いビジネスバッグは形状的に転倒しやすいうえに、荷物が入っていない状態で自立していても、荷物を入れると転倒しやすくなるということもあるため注意が必要です。

そのため、ビジネスバッグを選ぶ際は表面上の色や柄、中身の機能性だけでなく、実際に荷物を入れた時に自立して立てられるのかを把握しておきましょう。

A4サイズの書類が入る

ビジネスシーンで使用する書面の多くはA4サイズであり、インターン中に使用する書面がA4サイズであることが多いです。

もしA4サイズの書面がそのまま入らないからと言って、書面を折った状態で入れてしまうと印象が悪くなりかねません。

そのため、ビジネスバッグを選ぶ際にはA4サイズを折らずに入れられるのかを把握しておきましょう。

耐久性や耐水性が優れている

インターンは数日間同じ企業で体験をするため、雨の日に訪問することもあります。

もし就職活動で移動している際に雨が降ったり落としたりすることもあるため、バッグが破損したり、中の書面が濡れてしまったりすることもあるでしょう。

たとえどんな理由があろうと、破損したバッグを使用していたり中の書面が濡れてしまったりしていては印象が悪くなりやすいため、事前に耐久性や耐水性を加味して選ぶことをおすすめします。

できるだけ軽い物

就職活動では複数の企業の選考を受けたりインターンへ参加したりするため、バッグが重すぎると身体への負担が大きいです。

特にインターンで使用する書面が多いほどバッグの重量が増してしまうため、バッグ自体の重さは軽いに越したことはありません。そのため、機能性や耐久性なども加味したうえで、できるだけ軽いバッグを選ぶと良いでしょう。

インターンのバッグで注意すべきポイントとは

インターンへ参加する時のバッグ選びではいくつか注意すべき点がありますが、主に以下のような点は意識しましょう。

高級ブランド物は避ける

ビジネスバッグの中には高級ブランドが提供しているものもあり、高級なバッグの方が見た目が良く印象が良くなると思われがちです。しかし、むしろ高級ブランドの使用は避けることをおすすめします。

たしかに高級ブランドが提供しているバッグは見栄えの良いものが多いですが、就活生のうちに高級ブランドを使用していることに対して違和感を感じられる可能性があるのも事実です。

そのため、できるだけ1万円前後など高すぎず、安すぎずの物を使用する方が無難と言えるでしょう。

無駄に大きい物は避ける

インターンでは業務中に使用する書類をもらうことがあるため、程よく収納性が高いバッグの方が良いですが、無駄に大きいバッグは避けましょう。

インターンで業務をしている間は企業へ荷物を置かせてもらうため、無駄に大きいバッグだと周りの就活生にも迷惑がかかってしまいます。

大きさで迷ったときは、A4サイズがちょうど入るほどのサイズにしておく方が無難です。

私服参加の時もリュックは避ける

インターンを開催している企業によっては、私服での参加を推奨している企業もあります。「私服でOK=何でも大丈夫」と思われがちですが、最低限のビジネスマナーは心得なければいけません。

そのため、たとえ企業側がインターンへの参加で「私服OKと」記載されていたとしても、リュックでの参加は避けておくと良いでしょう。

インターンでも採用担当者の印象を考慮しよう

今回は就活生が企業のインターンへ参加する時に、リュックで参加するケースについて紹介しました。

インターンは面接とは違い、採用の合否に直接影響することはありません。しかし、インターンで採用担当者へどのような印象を与えるかによって、今後の選考に影響を与えることも事実です。

そのため、最低限のビジネスマナーや採用担当者へ与える印象を意識すべきでしょう。