就活は、人生を左右する大きなイベントの一つですが、就職先がなかなか決まらないとストレスもたまってしまいます。

「就活であっさり内定をもらうためにはどんなことに注意すべきなのだろうか?」

「就活であっさり内定をもらえた人は、どんな準備をしていたのだろうか?」

そんな不安や疑問をお持ちの方々も多いことでしょう。

入社後、ミスマッチを発生させないためにも、慎重に就活は行いつつ、やはりダラダラと続けるよりもあっさり志望企業から内定をもらいたいものです。

そこで当記事では、就活であっさり内定をもらうための効果的なポイントを解説します。

就活であっさり内定をもらうことは可能なのか?

就活であっさり内定をもらうことは、はたして可能なのでしょうか?

答えは可能です。

中にはそれほど苦労もなく、1社目であっさりと内定をもらえる就活生はいます。

しかし、企業は採用試験において、「自社が求める人物像に合っているか?」「入社後に自分の強みを活かして期待通りに活躍してくれそうか?」といった判断基準があるため、こうした基準をクリアしていなければ、内定をもらうことはできません。

そのため、あっさりと内定をもらえる人は、端から見ていると「なんであの人ばかり楽に内定がもらえるんだろう?」と思うかもしれませんが、企業選びや選考対策において、しっかりポイントをおさえているために内定がもらえているのです。

では、どのような方法で企業選びや選考の機会を得ればあっさり内定をもらうことができるのか見ていくことにしましょう。

就活であっさり内定をもらう方法とは?その効果的な6つのポイント

早期選考の機会を得る

早期選考とは、一般的な選考スケジュールよりも、早めに採用活動を行うことを指します。

例えば、短期インターンは大学3年生の夏休みや冬休みに開催されますが、このインターンに参加した学生に対し、早期選考のお知らせを行っている企業が数多くあります。

少子化により、優秀な学生を早めに取り囲みたいと考える企業も多く、こうした早期選考の場合、早ければ大学3年生の秋から冬にかけて、一般選考より約半年も早く内定が出されることもあります。

長期インターンで内定をもらう

長期インターンは1ヶ月から約1年間にわたり開催されるインターンで、参加学生は企業の従業員たちといっしょに就業し、社会人としての基本マナーやその職務の基本スキルを習得します。

長期インターンによっては報酬がもらえるケースもありますが、仕事ぶりが認められ、適性があり人間性も自社が求めているものと合致すると判断されれば、そのまま内定がもらえる場合もあります。

内定直結型説明会に参加する

内定直結型説明会とは、複数の企業が参加し、企業説明と選考を兼ねながら、同時に内定を出すことを目的としています。

グループディスカッションなどで、将来像のイメージを語り合い、自社が求める人物像と合致すると判断された場合、内定が出されます。

ただし、こうした内定直結型説明会の場合、企業も就活生も深くお互いを知り合えてはいないため、入社後ミスマッチが発生してしまうリスクもあります。

応募者の少ない企業を受ける

大手企業や人気企業は、選考試験にエントリーする就活生がとても多く競争率が高いため、選考試験も何度もあり、内定をもらうまでに時間がかかります。

しかし、競争率が低くても優良企業はたしかに存在し、ある分野ではトップシェアを誇る企業や一般的には無名でも、優れた経営力や将来的な安定性に力を持つ企業もあります。

このような企業の選考試験にエントリーし適性が認められると、あっさり内定をもらえることもあります。

就活エージェントから企業を紹介してもらう

就活エージェントとは、企業と就活生のマッチングを目的とした人材支援サービスになります。

キャリアアドバイザーは自己分析や選考対策、そして求人紹介もしてくれます。

就活エージェントは、サービス利用登録の際、キャリアアドバイザーとともに適性や企業選びの基準、価値観などを十分にすり合わせるため、その就活生に合った企業も効率よく紹介してくれます。

さらにキャリアアドバイザーは企業が求める人物像も把握しているため、よりマッチしそうな企業が紹介されることから、早期に内定がもらえるチャンスも生まれます。

逆求人サイトを利用する

逆求人サイトとは、就活生の登録情報(プロフィール)に興味を持った企業が、スカウトメールを送り、ダイレクトにアプローチできるサービスのことを指します。

スカウトメールを送る企業は、その就活生に対し、自社が求める人物像に近いと判断されているため、選考の一部を免除されたり、一般より少ない回数の選考試験で内定がもらえることもあります。

就活であっさり内定がもらえる人はどんなことをしている?

自己分析や業界・企業研究をしっかり行っている

就活で早期に内定をもらうためには、志望動機や自己PRの説得力が絶対条件になるといっても過言ではないでしょう。

自己分析では幼少期から大学時代を振り返り、どんな理由から何を経験し、そこから何を学んだか気づいたかを列挙していきます。

そして俯瞰することにより、自分の強みや弱み、価値観、性格などを明確にしていきます。

一方、業界・企業研究はホームページや会社四季報などの公開情報をはじめ、会社説明会、OB・OG訪問、インターン参加などを積極的に行うことによって企業の理解度を深めていきます。

仕事内容や社風までおさえ、他社との違いも理解し、その会社のどんなところが魅力なのか明確にします。

その企業に対し、自分の強みをどのように活かしていくかを述べると説得力が増すわけですが、就活であっさり内定がもらえる人というのは、このような作業をしっかり行っています。

適性や価値観が合う企業を選んでいる

「給与が高く人気がある企業だから」「休暇日数が多く、なんとなく面白そうな会社だから」などの理由で企業を選んでも、早期に内定をもらえる可能性は低いでしょう。

仮に内定をもらえたとしても、入社後にミスマッチが生じてしまう可能性は高まります。

就活であっさり内定をもらっている人は、自己分析をもとに適性や価値観が合う企業を選んでエントリーしているため、マッチング度も高まります。

実績やスキルがある

ただなんとなく学生生活を送っていた就活生より、部活やサークルでの実績があったり、長期インターンでの仕事ぶりが認められた就活生の方が、すぐに内定がもらえます。

しかし、実績やスキルを評価されての早期内定者はごくわずかでしょう。

企業は入社後の活躍を期待できるかどうかをチェックしているため、熱意や成長意欲の高さを積極的にアピールしましょう。

コミュニケーション力が高い

社会人になると、社内外の人々とスムーズな意思伝達が求められます。

就活であっさり内定をもらえる人は、論理的で話がわかりやすい傾向にあります。

また、コミュニケーションは顔の表情や身振り手振りなどでも伝わり方が違いますが、早期に内定をもらえる人は、このような表現力にも優れています。

このようなコミュニケーション力は一朝一夕にはいかないため、普段から論理的な話し方や表情、ジェスチャーを意識する必要があります。

企業規模でエントリーしていない

就活であっさり内定をもらっている人は、企業規模の大きさでエントリー先を選んでいるわけではなく、自分の適性や価値観に合う企業を選んでいるため、マッチング度合いも高くなります。

就活サイトやエージェントを効率よく活用している

就活で早期に内定がもらえる人は、自分で積極的に就活を行うことはもちろん、就活サイトやエージェントといった外部の力をうまく活用しています。

情報が豊富な就活サイトから有益な情報を得たり、経験豊富で企業のことも登録者のことにも詳しいキャリアアドバイザーから企業を紹介してもらうこともあるため、より自分に合った企業にエントリーしています。

まとめ

就活であっさり内定をもらう人はいます。

その効果的な方法としては、「早期選考の機会を得る」「長期インターンで内定をもらう」「内定直結型説明会に参加する」「応募者の少ない企業を受ける」「就活エージェントから企業を紹介してもらう」「逆求人サイトを利用する」などが挙げられます。